わが医院について

(About us)

近年、幹細胞治療は、様々な疾患を治癒させる手法として医療の一つの選択肢となっています。幹細胞治療を通して疾患治療、リハビリ、美容エステ等にご興味をお持ちの皆様には、私たち、プロフェッショナルなチームが様々な角度からのアドバイス、それと同等のクオリティの高い施設にてハイレベルの治療サービスをトータルコーディネートで皆様にお届けいたします。

特別サービス! 幹細胞治療をご希望の皆様で、私達までご連絡をいただいた方には、マルチビタミントリートメントと、私たちのクリニックの幹細胞治療のご説明を無料にてプレゼントさせていただきます Click here

Stem cell

幹細胞の知識 (Stem cell) 幹細胞は、体内の組織やダメージを受けた細胞の修復をする機能とや、その他様々な性質を持つ細胞のことです。

幹細胞の重要な機能

  • 1. Self-renewal いつでも幹細胞は自身で細胞分裂をする。
  • 2. Remaining 細胞分裂後も、その機能を保持できる。(未分化状態)
  • 3. Differentiate to specialize cell 怪我をしたとき、体にダメージが加わったとき、その箇所を修繕する為にその細胞に変化する。例えば、皮膚をこすって皮膚組織を痛めた場合、幹細胞がうしなわれた皮膚組織の細胞に変化する。

幹細胞の可能性

  • 1. Homing 自動的に問題のある細胞、ダメージを受けたり炎症を起こしている組織へ向かう
  • 2. Differentiation ダメージを受けた特定の細胞に変化する
  • 3. Trophic support 組織再生を誘導する
  • 4. Anti-Inflammation 細胞と組織の炎症を抑える
  • 5. Neo Vascularization 新たな血管創生誘導を促す為の必須成長因子生成、瘢痕組織の問題も解決
  • 6. Anti-Apoptosis トラブルが起きた部位の細胞壊死を抑える

幹細胞の種類

  • 1. 胚性幹細胞 高純度のヒト胚由来の幹細胞であり、治療の為の幹細胞を開発する為に使用することも可能。但し、この方法での幹細胞の増殖方法では、子宮で子供を殺すことと似ているので道徳的側面において受け入れられておりません。
  • 2. 成体幹細胞(体性幹細胞) 若いときからある体内の成熟幹細胞のこと。幹細胞の種類は各種あり、全てをヒトくくりにすることは出来ませんので、初めにそれらを抽出する必要があります。

幹細胞の利点

  • 1. Totipotent Stem Cell 全能性幹細胞といい、体内の全ての細胞を生成する。
  • 2. Pluripotent Stem Cell 多能性幹細胞といい、体内のほとんど全ての細胞の種類に見受けられ、胎児期の胎児にも見受けられる。
  • 3. Multipotent Stem Cell 多能性幹細胞は、様々な種類の細胞を生成する。
  • 4. Oligopotent Stem Cell .寡占性細胞は、いくつかの細胞型に生成される細胞である。
  • 5. Unipotent Stem cell 単能性幹細胞は、1つの特定の細胞型にのみ増殖する細胞である。

柔軟性

身体の部分を治癒、修復する為に、1つの細胞が他の形に変化します。

  • 1. Hematopoietic Stem Cell 造血幹細胞: 白血球、赤血球、血小板が、神経細胞、心筋細胞、肝臓細胞に変化する。
  • 2. Mesenchymal Stem Cell 間充織幹細胞: 軟骨細胞、腱組織、関節細胞、筋組織から白血球、赤血球、血小板、皮膚組織、毛根細胞、有毛細胞に変化する。

Read more

    幹細胞の造成

    治療の為の幹細胞造成方法はたくさんあり、各造成方法にはそれぞれメリット、デメリットがある。

    • 1. 臍の緒 きちんと保存された新生児の臍の緒の中の血液を幹細胞造成に用いる Read more

      メリット

      • 1. 造成は簡単で、母親と子供に悪影響がない
      • 2. 抽出が容易
      • 3. 幹細胞の量を豊富に得ることが出来る
      • 4. 純粋な幹細胞を造成できる
      • 5. 料金はそこまで高くない

      デメリット

      • 1. 造成は1回限り
      • 2. 造成は、出産の処置が終わるのを待つ必要がある
      • 3. 点穴による雑菌混入のリスクが高い
      • 4. 造血量は造成するドクターの腕による
      • 5. 造成された幹細胞は、30kg以上の幼児に用いることが出来る
    • 2. 骨髄 骨髄中の血液から幹細胞を抽出します。 骨髄移植と同じく、脊椎穿刺が要求されます。 Read more

      メリット

      • 1. 造血幹細胞と間充織幹細胞の両方を生成できる
      • 2. 複数回造成できる
      • 3. 幹細胞の量を豊富に得ることが出来る
      • 4. 造成された幹細胞は、増殖のために培養することも出来る

      デメリット

      • 1. 患者は骨髄注射の際に痛みを感じる
      • 2. 骨の欠片等が細胞に混じることが稀にある
      • 3. 細胞抽出が難しい
      • 4. 副作用が多々ある
      • 5. 細胞造成後、患者は病院にて一晩過ごす必要がある
    • 3. 体脂肪: 脂肪吸引と同じ方法 Read more

      メリット

      • 1. 患者は脂肪吸引のおかげで体重が減る
      • 2. 得られる細胞は、間充織幹細胞である
      • 3. 造成された幹細胞は様々な用途に用いることが出来る
      • 4. 何度でも造成することが出来る

      デメリット

      • 1. 脂肪吸引の際、痛みが伴う
      • 2. 細胞抽出は極めて複雑である
      • 3. 細胞組織の総量は極めて少なく、初めに培養する必要がある。
      • 4. 細胞培養には少なくとも1ヶ月かかる
      • 5. 脂肪吸引から細胞培養の間あ、雑菌混入などのリスクが伴う
    • 4. 乳歯 24時間以内に抜歯されたものを用いらなければならない。Read more

      メリット

      • 1. 簡単で便利に造成できる
      • 2. 造成された幹細胞は様々な用途に培養ができる
      • 3. 料金があまりかからない

      デメリット

      • 1. 患者は乳歯の抜歯の機会を待つ必要がある
      • 2. 細胞抽出は非常に複雑である
      • 3. 抽出される細胞総量は極めて少量である
      • 4. 雑菌混入のリスクが極めて高い
      • 5. 細胞は、様々な使用用途に培養する必要がある。
    • 5. 血流からの造成 特別な機械によって行われ、患者様が存命の間、何回でも造成が行うことが出来る。 Read more
      • 1. 簡単便利安全、手術室にて行う必要がない。
      • 2. この機械で使われる方法は安全性に優れている。
      • 3. 患者は、痛みを感じることなく、造成後は直ぐに帰宅も可能。一晩過ごす必要はない。
      • 4. 副作用なし
      • 5. 幹細胞を多く培養が可能(over 10,000 million)
      • 6. 治療に必要な細胞の必須量を十分賄うことが出来る

    幹細胞交換

    幹細胞造成後、以下の使用用途があります。

    • 1. 自己移植 (Autologous Transplantation) ご自身の細胞をご自身にご使用いただけます
    • 2. 同種異系移植 (Allogeneic Transplantation) ある人の細胞を他の人、または血液型が同じ、双子に使用します。細胞の不適応がないよう、HLAテストを事前にお受けいただく必要がございます。
    • 3. 異種移植 (Xenogeneic Transplantation) 人間の細胞を動物に使用し、または動物の細胞を人間に使用します。 こちらはまだ認められない方法です。

    幹細胞治療の際の注意点

    幹細胞を治療に使用する際、いくつかの懸念点がございます。例えば、

    • 1. 使用可能な幹細胞の総量
    • 2. 細胞の活力: 既に壊死した幹細胞を体内に注入しても、体に水を注射することと変わらない。
    • 3. 感染症の検査
    • 4. 注射の位置: 注射する場所は幹細胞を必要とする箇所に流れるようにする必要がある。例えば、怪我をしたときは、執刀医は手術をした箇所の近くに幹細胞を注射する。
    • 5. 注射針の大きさ

    幹細胞治療に影響する因子

    • 1. 年齢: ご高齢の方を例に取ると、治療の結果は若い患者よりも遅く回復する事例が見受けられます。
    • 2. 治療する箇所: 外相箇所によっては治療の結果が異なります。また、幹細胞注射箇所によっても治癒の速さが異なります。
    • 3. 治療によって使用される幹細胞総量
    • 4. 療養はしっかりと: 幹細胞治療は通常の医療治療のように直ぐに結果が出るものではないので、療養はとても重要です。また、幹細胞には回帰性があり、もし患者様が2箇所負傷箇所がある場合、幹細胞は両方の治癒をする為に分散され、結果が出にくくなります。さらには、同種異系幹細胞を使用した場合、患者様は身体の拒絶反応を防ぐ為に綿密な管理を行う必要があります。患者様は、免疫抑制剤や、抗生物質、その他治癒の為の補助治療等を受ける必要がございます。
    • 5. 成熟した幹細胞の選択: 造血幹細胞、間充織細胞の間での選択

私たちが提供するサービス

私たちは、全てのお客様のニーズを満たすべく、様々なオプションを付帯できる幹細胞冷凍保存サービスをトータルコーディネートでご提供することを目指します。
  • • アドバイス、ご案内、肝細胞の採取、選別と分離、冷凍保存、医療目的での幹細胞治療の知識のご説明に関する相談
  • • 血液検査とヘルスチェックサービス
  • • お客様から採血をした血液からの血漿の分離と幹細胞採取
  • • 幹細胞冷凍保存と将来の為の医療目的での保存サービス
  • • 唾からの将来かかる疾病予防の為の遺伝子調査

我が医院で幹細胞治療を受けるメリット

  • - 私たちは、一番安全性の高い患者様自身の自己幹細胞を用いた治療を心がけています。
  • - 他国よりも格段にお安い値段での治療を受けられます。
  • - タイ国内の病院での治療を受けるよりも安く治療を受けられます。
  • - 幹細胞採取から様々な疾患に用いる為ご自身の幹細胞の保存まで全て包括的にサポートいたします。
  • - 幹細胞の治療に携わって10年以上の経験を持つプロフェッショナルなドクターチームが担当しますので安心して治療を受けられます。
  • - 我が医院のメディカルラボは、最大限の幹細胞治療を実現する為、最新鋭の医療器具を惜しみなく全て設置され、国際水準の清潔さを誇ります。
  • - 幹細胞治療をお受けになられるお客様には、優待価格にて美容ケアサービスをご提供いたします。
  • - 海外からのお客様には、英語・日本語通訳エージェントがお客様の我が医院のサービスセンターへの問い合わせをサポートを致します。お気軽にお申し付けください。
  • - 海外からのお客様は、タイの素晴らしく美しい観光地に旅行、リラックスをする最高のチャンスにもなります。 (Click here)

アフェレーシス装置による幹細胞の採取

体内から血液を採取し、その後赤血球と白血球、そして幹細胞に分離させる装置で、分離させた後に体内循環に合わせて静かに戻します。この装置は、お客様ご自身の血液より肝細胞を採取するときに使われます。

We harvest stem cell using Apheresis machine

幹細胞治療により治癒する疾患

幹細胞治療によって治癒するほとんどの疾患は遺伝子レベルでの先天的な原因の疾患ではなく、怪我や、体質悪化による後天的なものであれば、ほとんど治癒することが出来ます。

Diseases that can be cure by stem cell therapy

幹細胞の採取

ステップ 1: 患者様は必要があれば、他の臓器、肝臓、腎臓と血球の状態の検査の為の血液検査を受けます。

ステップ 2: 幹細胞造成を促す為の注射をドクターが施します。 最初の注射は患者様が血液検査を行った当日にされ、その後患者様は3日於きに合計4回ずつ注射をしにお越しいただく必要がございます。最高の結果の為には、患者様には全ての注射は同じ時間帯にお越しいただくようおすすめしております。例えば、初日の患者様の注射が午後1時であった場合、患者様は2回目、3回目、4回目も午後1時の1時間前後内に注射を投与します。全ての注射が投与されましたら、ドクターが再度血液検査をし、患者の血液内の幹細胞の量を測定します。注射を投与している期間の諸症状としましては、2-3日程度の背痛が感じられることもあります。また、風邪に似た症状、悪寒や体温の上昇を感じられますが、これは患者様の身体の中にある幹細胞が生成されている証拠で、幹細胞治療をする上で普通の症状です。背痛が余りにも痛い場合は、患者様は痛み止めを服用することも出来ます。 4日間の幹細胞造成の為の注射の為、患者様は以下のことをお気をつけ頂きます。

  • 1. CDR Calcium-D-Redoxon 等のカルシウムサプリメントを、骨の機能維持の為注射初日から幹細胞を身体に戻すまで摂取してください。
  • 2. 激しい運動を避けてください。
  • 3. 怪我をしないようにお気をつけください。
  • 4. 飲酒を避けてください。
  • 5. 十分な睡眠をとってください。

ステップ 3: ドクターが、患者様がソファーdにお座りになって起きている2-4時間の間に幹細胞を摂取します。その間、ドクターが患者様の腕から採取された血液を、アフェレーシスマシンに静かに通します。この機械は、肝細胞のみを取り出し、他の血液内の成分を腕を通して身体に戻します。肝細胞を採取中、患者様は通常通りお水を飲んだり、お話をしていただけます。全ての工程が終了しましたら、患者様は副作用なく車を運転してご帰宅いただけます。

ステップ 4: 幹細胞摂取後、3日間日取りを取り、ドクターが2幹細胞を2時間かけ、患者様の身体に戻します。この工程が終了後、患者様は即座にご帰宅いただきます。もちろん、患者様に副作用はありません。

幹細胞を摂取後、患者様は、

  • - 高タンパク質な食事をお召し上がりください。
  • - お怪我をされないようにお気をつけください。
  • - 初めの月は、激しい運動を避けてください。

幹細胞セラピーの進め方をおさらいしてみましょう。

  • ・ 1日目…血液検査及び肝細胞造成の為の注射
  • ・ 2-3-4日目…幹細胞造成の為の注射
  • ・ 5日目…ドクターが患者様の幹細胞を採取
  • ・ 8日目…ドクターが患者様の身体に幹細胞を戻します。

これで幹細胞セラピーのコースが一通り終了します。

CASE REPORT

Contact us

特別サービス! 幹細胞治療をご希望の皆様で、私達までご連絡をいただいた方には、マルチビタミントリートメントと、私たちのクリニックの幹細胞治療のご説明を無料にてプレゼントさせていただきます

  • Imhotep Corporation Co., Ltd.

    77/110 Rajthevil Tower 12th Floor,

    Phayathai Rd, Phayathai District, Rajthevil, Bangkok 10400

    E-Mail

    • contact.laibros@gmail.com (For Japanese)
    • stemcellthdrsiam@gmail.com (For English)

    Telephone

    • +66 (0)86-844-1313 Tsujimura
    • +66 (0)94-228-3475 Thitiporn

    Monday - Friday : from 9:00 AM-6:00 PM.